2010年04月29日

「裁判員法は憲法違反」最高裁に特別抗告(読売新聞)

 新潟市の元消防士の男が裁判員裁判対象の強制わいせつ致傷罪で起訴された事件で、弁護人の高島章弁護士が23日、「裁判員法は憲法違反の疑いが濃厚」として、最高裁に裁判官のみによる審理を求める特別抗告をした。

 申立書では、〈1〉憲法には国民に裁判官の権限を持たせる参審制の規定がない〈2〉被告が裁判官裁判を選択できないのは「裁判を受ける権利」に反する〈3〉裁判員対象として起訴された事件の多くが未済で、迅速な裁判がなされていない――などと主張している。

 高島弁護士によると、裁判員裁判を適用しないよう求める申立書を新潟地裁に出したが、山田敏彦裁判長は21日の第1回公判前整理手続きで、裁判員裁判で審理する考えを示したという。

 起訴されたのは、新潟市中央区、元市消防局消防士の浅田亨被告(29)。起訴状では、2008年12月に路上で女子高校生の口をふさいで脅し、体を触るなどしてけがをさせたとしている。

<歌舞伎座>御名残四月大歌舞伎が千秋楽 30日には閉場式(毎日新聞)
<NOx>バスなど排出43%減 中環審方針(毎日新聞)
徳之島案、軍の距離規定理由に米が反対意向(読売新聞)
厚労省 余剰金未返納3〜5億円 1930件分手続き怠る(毎日新聞)
<衝突事故>1人死亡 信号無視でパト追跡 愛知・蒲郡(毎日新聞)
posted by イワキリ リョウイチ at 23:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。